経営理念/トップメッセージ|中電配電サポート株式会社

会社情報

経営理念

幸せの追求

従業員の幸せと
生きがいが企業存続の原点である

信頼の獲得

社会の信頼が企業存続の原点である

未来への挑戦

チャレンジ精神が企業存続の原点である

トップメッセージ

電気をお客さまの元へ
確実におとどけするために。

当社は、1927年に木材の耐火・防腐事業会社として東京深川で発足しました。その後、中部電力株式会社の配電設備の保安伐採を中心とした工事部門や商品販売を主とした営業部門、社有土地を活用した不動産部門へ進出するなど、業容の変更・拡大を図ってまいりました。
そして、2006年に社名を現在の中電配電サポート株式会社と改め、2020年4月には中部電力株式会社の分社化に伴い、送配電事業を営む中部電力パワーグリッド株式会社の100%子会社となっております。
現在、当社は中部電力グループの一員として、配電設備の保安伐採交渉・用地交渉・支持物敷地管理・設計・防護管受付などの仕事を受託し、電力の安定供給の一翼を担っています。さらに、2021年4月に策定した「CHS経営ビジョン2025」のもと、現在の事業基盤を安定・強固なものとしたうえで、事業領域の拡大・開発による収益の増化に積極的に取り組んでいます。
当社は創業100年に向け、これからも「電気をまもる 暮らしをまもる」企業として、中部電力グループの電気事業に貢献し、お客さまや地域コミュニティーに信頼される企業を目指してまいります。何卒、ご愛顧・ご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。
2022年8月

代表取締役社長

社長執行役員


佐古 直樹