沿革|中電配電サポート株式会社

会社情報

沿革

1927 渋沢栄一等の出資による匿名組合志賀工業所を経て、(株)志賀工業所設立。
東京深川工場において防腐木材、耐火木材の製造を開始。
1931 日本耐火防腐(株)に社名改称。
1935 名古屋市港区に名古屋工場を新設。
1951 防腐剤製造部門を独立して、日本マレニット株式会社を設立。
1953 中部電力株式会社の出資を受け、その関連会社となる。
1960 名古屋工場内に製材工場を新設。
1962 商事部門を新設し、建設資材、電設資材の取扱いを開始。
1965 本社を東京都から名古屋市に移転、工事部門を新設し、中部電力(株)の 配電関係工事(木柱点検)を開始。
1966 除草工事を開始。
1969 接地抵抗値の改修工事を開始。
1971 接地抵抗値の測定業務を開始。
1976 配電線保安伐採工事、白あり防除工事を開始。
1980 アルミサッシをはじめとする建具工事を開始。
1981 商号「日本耐火防腐株式会社」を「株式会社ニッタイ」に変更。
1983 通信線保安伐採工事を開始。
1984 建物の維持管理業務を開始。防水・防食工事を開始。
1985 衛生害虫駆除工事を開始。
1990 名古屋工場閉鎖(木材防腐業廃止)。
1991 土地・建物賃貸業務を開始。
1992 本社事務所を移転(東区)。
1994 警備業務を開始。
1997 創立70周年記念事業の実施。
●経営理念、経営方針の改定
●シンボルマークの制定
●社内諸制度の改定
●お客さま感謝期間の実施等
売上高100億円突破。
1998 寮・宿舎の総合管理業務を開始。
2000 一般建設業3業種および特定建設業12業種の建設大臣許可を取得。
2003 10月1日付で中電静岡工営株式会社および中電長野工営株式会社から配電伐採部門を会社分割により承継。
2004 10月1日付で建物管理部門(警備業務、寮・宿舎の総合管理業務等)を会社分割により株式会社永楽開発へ移管。
10月から配電線路定期巡視業務を開始。
2006 10月1日付で商号「株式会社ニッタイ」を「中電配電サポート株式会社」に変更。
新シンボルマークの制定。
10月1日付で株式会社永楽開発から配電用地部門を会社分割により承継。
12月から配電線路設計業務を開始。
2007 創立80周年記念事業の実施。
2008 3月 本社事務所を移転。
2009 伐採2社化により伐採施工業務を(株)トーエネックに移管。
伐採調査業務を開始。
人事賃金制度一本化。(旧(株)ニッタイ・旧(株)永楽開発)
2014 事業所統廃合完了。(99事業所を44事業所)
配電線路設計業務拡大。
2015 共架申込対応業務を開始。
2016 女性交渉員の交渉業務を開始。
2017 創立90周年記念事業の実施。
2020 中部電力(株)の分社化に伴い、4月1日付で中部電力パワーグリッド(株)の完全子会社となる。
測量調査業務、防護管受付業務を開始